エイズ検査も性病検査も病院でなくても大丈夫【早期発見早期治療を】

看護師

検査をして予防を

医者

クラミジアは性病の中でも、現在発症率が最も高い性病として有名です。コンドーム着用の性行為であれば感染しないとされていますが、性行為のバリエーションにより咽頭に感染する事もあります。早期発見と早期治療が可能であれば、死に至る事もなければ大事に至る事もありません。しかし放っておく事が大問題であり、不妊を引き起こしHIVからエイズが発症してしまう危険も倍になります。性行為を一度でも行ったのであれば、検査を受けて感染の有無を確認すべきとされていますが、これは発症率が高いクラミジア予防の第一歩です。面倒であると思わずに、しっかりと検査を受けておきましょう。まずはクラミジアについて知る事も必要であり、インターネットであればどの様な病気であるのかどうか、しっかりと知る事が可能ですので活用しましょう。クラミジアの発症原因は「クラミジア・トラコマチス」という細菌が性器や粘膜に感染する事です。女性はおりものが増え、男性は尿道から膿が出るという自覚症状がありますのが、人によっては違和感や痛みを覚える事もあります。特に男性は膿が出るので異常を早く感知出来ます。しかし女性の場合は自覚症状故に気が付けない事が多いです。そのまま放っておくと前述の通り、とんでもない事態を引き起こしてしまいます。

性病感染の有無を調べるには、病院にて検査を受ける事が好ましいです。それが不可能であれば、性病感染検査キットをインターネットで購入すれば問題ありません。性病検査キットは、クラミジア以外の性病も一緒に検査する事が可能です。検査項目が増えるほどキットの値段が高くなります。逆にクラミジアのみなど、検査項目がひとつだけであれば、五千円以内でしっかりとした検査を受けられるのです。しかしやはり複数項目の検査を受ける事が一番好ましいとも言えます。仮に淋病を発症されているのにも関わらず、それを知らずにクラミジアの検査をしても何の意味もありません。ならば淋病もクラミジアも検査が可能であれば、性病を見落とす事なく発見出来ますので、その結果治療へと臨めるのです。